RAID構成崩壊
停電でRAIDの構成が崩れ、エラーが発生している症状でお持ち込みされた事例です。
元のデータの構成を確認し、RAIDの状態を確認し、再構成をおこないデータを確認し無事に復旧作業を終えました。
読み込みヘッド異常
異音が発生し認識をしないという相談があり集荷しお預かりをさせて頂いた事例です。
読み込みをおこなうヘッドが正常に動作していない状態でしたので、ヘッド部品の交換をし復旧作業をおこないました。
読み込みヘッド先端異常
動作中に机の上から落下し動かなくなったということでお送り頂いた事例です。
ヘッドの先端が破損していましたので、部品交換をしデータを一部修復し復旧作業をおこなうことができました。
制御基盤の破損
お客様自身で作業をされ、部品の一部が欠けてしまったと荷物が届きました。
チップが剥がれ、接続部分が欠けていましたので、補修し代替部品に接続し、復旧作業をおこないました。
Barracuda 7200.12認識不良
7200.11の問題は公式に明らかになっていますが、12でも似た症状のものが少ない数ですがあります。
7200.11と同様にシリアル経由でtelnet接続しロック解除をおこない正常に認識しました。
CentOSでRAID不良
デルPowerEdgeで起動せず、RAID構成がおかしいというハードディスクの相談がありました。
SCSIの接続の問題と、論理障害が併発している状態でした。再構成し復旧しました。
チップ焼け
煙りがでたというハードディスクが届きました。
確認しますと、基板が焼けており、通電していませんでした。チップを交換し無事に通電し、元の状態になりましたので、転送をし納品致しました。
USBメモリの破損
踏みつけ割れてしまったという相談がありました。
開封をおこなったところ、記憶部分のチップの2層目が剥がれていましたので、1層目の上に再度取付をし、無事に認識することができました。
ST340015Aの故障
異音が発生するとハードディスクが送られてきました。
10年以上前に発売された40GBのHDDです。お客様自身で同型のHDDをご用意頂けた為、部品を交換し認識することができました。
iMacのHDD故障
iMacが起動しないとお持ち込みされました。
iMacには、分解が容易なタイプと、容易でないタイプがあります。今回は、容易ではないタイプでしたが、データ破損は無く納品することができました。
突然、認識しなくなった
外付けHDDが突然、認識しなくなったとご相談がありました。
暗号化タイプのハードディスクケースで基盤に問題があり、認証しない状態になっていました。修復作業をしそのまま使用することができました。
   
Copyright (C) 2006 - 2017 RECOVERY SERVICE Inc. All rights reserved.